天塩の不思議(見直されてきた天塩、健康の源)

減塩神話の弊害は予想以上に大きいようです。



化学塩と不十分な前提の下に築かれた減塩神話を見直しましょう。



【塩=高血圧症】や【減塩神話】によって生れた【塩=悪玉説】による

塩欠乏症の弊害は、即ち【塩気のない人間=元気のない人間】の人間の

増加してしまうことです。

a. 新陳代謝の衰え、怪我が治りにくい、肌のつやがなくなる

b. 食欲の減退、消化能力の衰えによる体力の低下、嘔吐、下痢、 便秘などの

胃腸障害の発生

c. 筋肉疲労、反応の鈍化、足腰の痛み、筋肉痛、けいれん

d. 心臓の機能低下、血圧低下による脳梗塞、脳軟化症、老人痴呆症の発生

e. 腎臓の機能の低下、尿の中に出した塩分を再吸収しようとするため、

過労状態となり機能が低下する

f. 国が滅びる 男は倦怠感や脱力感に襲われ、やる気がなくなる。

女性は冷え性、流産、早産、不妊症が多発して子供が少なくなる。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。